現役の介護福祉士が重い荷物をなるべく軽く感じる様に持つ方法を伝授します!

その他(日曜日)

皆さん重い荷物を持つ時に無理して持ってしまって無駄に疲労を貯めていませんか?

もしくは重い荷物を上手く持てないと悩んでいませんか?

結論から言ってしまうと、自分の体に近づけて腰に負担をかけずに持ち上げると重さは変わっていないのに普通に持ち上げるよりも何倍も軽く感じるんです!

 

よく介護の仕事をしていると家族の方とお話したりするんですが、ご利用者様を立ち上がらせたりすると、

凄いわねぇやっぱりコツとかってあるのかしら?

と時折聞かれる事があります。

答えとしてはYESです。私ははっきり言ってしまうと力が全くないんですよ。

勿論、力があった方が持ち上げやすいですし、ラクではありますし安全でもあります。

ですが、力がないと持ち上げられないという事はありません。

自分よりも重いご利用者様を移動させたりする事もあります。

では具体的に重い物をどの様に持ち上げれば良いのか、

例えばこのスーパーの袋を重さを変えずに軽くするにはどの様にすれば良いのかです。

それは簡単です!袋からリュックサックに変えれば軽くなります!

え?それだけ?と思った人。試しにやってみて下さい。軽く感じるはずです。

つまり物を軽くするには、この豚の上のお札やトンカチの様な状態にしてほしいんです。

体にぴったりとくっついていますよね。この状態が『軽い』状態です。

なお体から離れれば離れる程、物の重さは重く感じます。

つまり重い物を持つのが上手な人程、自分と物との距離を離さずぴったりとくっつけて持ち上げます。

例えるなら恋人を抱きしめる様に持ち上げるのがポイントです!

具体的な持ち上げ方はこの図を参考にして下さい。

腕や手の力で持ち上げるよりも、足の力で持ち上げた方が断然ラクです。

持ち上げるのが下手な人程、手や腕の力に頼っています。上手く持ち上がらない人はどこに力を入れているか確認してみてください。

重い物を持ち上げるコツはこれだけです。とはいえ無意識で持ち上げてしまうと、自分と持ち上げる物との間に距離を作ってしまったり、腰を使ってしまって腰に負担をかけたりしていますので、ある程練習は必要です。

まとめ

1 自分と持ち上げる物との間をあけずにぴったりとくっつける。

2 腕や腰の力を使わず、足の力だけで持ち上げる。

とはいえ、軽く感じるといっても重い物を持ち上げている事には変わりはないので、

重い物を持つ機会が多かったり、それを仕事としている人は、

腰痛対策のベルトは必須です。必須といっても過言ではありません。

私は初めはしていませんでしたが、20歳の時に一度ぎっくり腰をしてしまいましたので、甘く見てはいけません。

20歳です。20代ではありません。しかもぎっくり腰はいきなりなので、事前に対策をしておく必要があるんです。

<2個でもお値段変わらず コスパ抜群>【信頼の楽天ランキング1位】 腰痛ベルト Dr.Q 大きいサイズ Wのベルトでしっかり固定 腰痛対策 腰痛予防 腰の痛み 腰痛コルセット 腰痛ベルト 腰用サポーター 腰用コルセット サポーター コルセット 腰サポーター ベルト 腰

価格:2,923円
(2020/5/22 18:22時点)
感想(3092件)

おすすめはダブルベルトです。シングルベルトと比較するとシングルベルトは支えが弱く、すぐに腰痛が起きてしまいます。

口コミやレビューも、腰痛防止や、腰痛緩和に良いという話が多いですね。

一応痛みが出た時の為に、

シップ

も持っていた方がいいですね。

重い物を持つ時はしっかりと対策しましょうね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました